読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮想環境にKali Linuxをインストール 〜2017.04.20追記〜

■OSⅩで仮想環境構築する

メジャーな有料アプリ(VMware Fusion, Parallels Desktop, VirtualBox etc.)を入れる前に、無料で仮想環境を体験できるVeertuをインストールしてみた。

このアプリは、すんなり入るので詳細割愛...

■Kali Linuxについて補足

-Debianの派生のLinuxディストリビューション
-セキュリティ診断用ツール(デジタルフォレンジックペネトレーションテスト(侵入テスト)用など)が標準で用意されている
-利用の仕方により不正アクセス行為と判断される可能性ががある

-基本的に、root権限で作業を行う。
-サービス停止やデータの破損が起こる場合もあるので事前にバックアップを行う

Veertuが持つコンソールで日本語キーボードを使うと|が入力できないので、sshでローカルサーバにアクセス。

■インストール
$sudo apt-get install openssh-server
■起動
$update-rc.d ssh enable
■IP確認
$ ifconfig
ssh接続
$ ssh -p 22 xxxxxx@192.168.xx.xx

ディレクトリ名を英語に変更

$LANG=C xdg-user-dirs-update --force

 

〜2017.04.20追記〜

■OSⅩで仮想環境構築する~2~

Oracle VM VirtualBoxインストール

Downloads – Oracle VM VirtualBox

 

■主な設定

-メモリーサイズ:2048

-仮想ハードドライブを作成する

-ハードドライブのタイプ:VDI

-物理ハードドライブにあるストレージ:可変

-ファイルの場所とサイズ:32GB