読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PythonのVersionをpyenvで切り替える (Mac)

Macには最初からpythonが入っている。

# python --version
Python 2.7.10

Pythonでは、バージョン2.x系と3.x系に互換性がないので、切り替えて使いたい。

・Homebrew(パッケージマネージャー)
・pyenv(python管理ツール)      をインストール

・virtualenv(python環境管理ツール) をインストール
・pyenvでPython3          をインストール

・pip(pythonパッケージ管理システム)をインストール

 

■Homebrewのインストール 
# /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)" 

■pyenvをインストール
pyenvは、複数バージョンのPython環境を管理したり切り替えるためのツール

pyenvインストール
# brew install pyenv

■virtualenvをインストール

virtualenvは、独立したPython環境を指定した時のみ使えるようにする

# brew install pyenv-virtualenv


pyenvのバージョン確認
# pyenv -v

pyenbにパスを通す

zshを使用しているので、~/.zshrcに追記

pyenv_ROOT=~/.pyenv

export p¥PATH=$PATH:PYENV_ROOT/bin

eval "$(pyenv init -)"

eval "$(pyenv virtualenv-init -)"

 

# source ~/.zshe *設定ファイルを再読込

 

pyenvでインストールできるPythonの確認
# pyenv install -l

pyenvでPython3をインストール
# pyenv install バージョン (2.7.12 or 3.6.1)
# pyenv rehash

pyenvでインストールされているバージョンを確認
# pyenv versions

デフォルトで使用するバージョンを指定
# pyenv global 3.6.1

 

**pyenvは、ディレクトリによりバージョンを変更できる**

カレントディレクトリでバージョンを設定する時はlocalコマンド

loaclコマンドでバージョンを設定すると、python-versionでバージョンが指定される

■ローカルのバージョンを指定

# pyenv local 2.7.12

■ローカルのバージョン設定を削除

pyenv local --unset 

 

■pipをインストール

# easy_install pip